オイルの滴

早速ですが、家庭で調理をするのにオイルは絶対不可欠ではないでしょうか?
では、どんな油を使っていますか?
“オイル=ダイエットの敵” なんて思われがちですが、必ずしもそうではないらしいのです。
今回は、トレンドの「オイル美容」にちなんで、今取り入れたいオイルをご紹介します。

良い油と悪い油

豊富なオイル

栄養素として脂質は不可欠な栄養素の一つです。
細胞膜・血液・神経などの組織構成として必要ですから、そんなに嫌わないでくださいね。
ただ、1g=9kcalと高カロリーですから、摂りすぎると「肥満」や様々な「病気の原因」となるといわれているのも事実。 では体にとって「いい油」と「悪い油」を考えてみましょう。
まず、油を分けると2種類あります。
「飽和脂肪酸」「不飽和脂肪酸」という言葉を聞いたことはありますか?

【飽和脂肪酸】

形状の性質としては、常温で固まりやすい油
動物性の脂質・パーム油などです。
身体にとって良い油ではなく、中性脂肪やコレステロールなどになる油の部類ですね。
ただし、ココナッツオイルは例外!
飽和脂肪酸ですが、体内において吸収&代謝の作業が早いため、脂肪になりにくいとされています。

【不飽和脂肪酸】

こちらの形状の性質は、常温で固まりにくい油
今回学習したいのは、そのなかの「オメガ3系」「オメガ6系」「オメガ9系」です。

オメガ〇系・・・

ココナッツオイル,オリーブオイル,えごまオイル

【オメガ3系】

DHA・EPA(青魚に含む)、α-リノレン酸(植物油に含む)。
特徴:酸化しやすいので加熱すると栄養価が下がってしまいます。
非加熱で摂取するのが理想的。

  • 亜麻仁オイル
  • えごま油
  • サチャインチオイル

チアシードやくるみにも含まれます。

<効能>

  1. 抗炎症・抗アレルギー作用
  2. 血液サラサラ
  3. 血圧下降
  4. 認知症予防
  5. ホルモンバランス調整

【オメガ6系】

植物油に含まれるリノール酸とは摂取することが必須の栄養素である必須脂肪酸。
特徴:過剰摂取は動脈硬化・生活習慣病などの原因にもなります。

  • コーン油
  • パンプキンシードオイル
  • グレープシードオイル 等

【オメガ9系】

オレイン酸で、動物性脂肪や植物油に多く含まれている脂肪酸。
特徴:加熱調理に向いている油。

  • オリーブオイル
  • アボカドオイル
  • ひまわり油

<期待できる効果>
 動脈硬化の予防

最適なオメガバランス

注がれるオイル

不飽和脂肪酸にも様々な特徴があります。
その油の摂取にはバランスが重要!
オメガ3:オメガ6=1:4 の比率が理想的だといわれています。
私たちの食事にはお肉が多く、動物性油脂の摂取量のバランスは理想とは随分とかけ離れていますね。
昔は魚の摂取量も多かったのですが、食生活の欧米化によりオメガ3系が減少しています。
オメガ3系(青魚)のオイルは、脳へ栄養が直接行きわたるため、成長期のお子様や高齢者の方に特におすすめです。

各オイルの特徴

オリーブオイル

【亜麻仁油】

亜麻の種子から抽出します。
α-リノレン酸が多く、オイルでもなぜかコレステロールはゼロ

【ヘンプオイル】
麻の実から抽出します。
全体の8割がリノール酸3:α-リノレン酸1と理想的なバランスです。

【エゴマオイル】
シソ科のエゴマから抽出します。
α-リノレン酸を含むアレルギーの軽減効果があります。

【グリーンナッツオイル】
インカグリーンナッツという常緑樹の実から抽出します。
なんといってもα-リノレン酸とビタミンEが豊富。
このオイルは加熱調理可能の数少ない油です。

【ココナッツオイル】
ココナッツの実から抽出します。 ココナッツオイルは飽和脂肪酸が90%以上!
しかし動物性脂肪とは違い、エネルギーの吸収スピードが早いのでダイエット向きのオイルです。
熱にも強いので調理用としても活躍します。

まとめ

オーガニックオイル

普段の生活の中では、どうしても飽和脂肪酸が過多になりがちです。
健康と美容の両面にいいオイル「不飽和脂肪酸」に切り替えを考えてみるチャンスではないでしょうか?
でも、身体にいいオイルだから…ととりすぎは禁物!
油は油ですから体に負担をかけてしまいます。
自分に合ったオイルを選んでみてくださいね。